白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

タグ:ローグ・ワン

image

もっかい見てきたwwwwもう駄目ですな、「この世界の~」の
世界にどっぷりはまってしまった。もう止められない(笑)
ちょっと頃合い見て今度はサントラも購入します。あぁぁ・・・
ブルーレイに早くなってくれんだろうか(´・ω・`)

数日前は事前準備が無い状態でまっさらで見たので理解
出来ない箇所がややあった。しかし、原作を読んでガイドブックも
読んで。もう一度色々と考えながらみた二回目。

一回目に見た時より涙腺が崩壊した。

ラストの右手の意味、すずさん、周作、リンのバックストーリー、
その上でラストの紅で描かれた絵。それを知ったうえで見ると
もうだらしない顔になりながら涙こぼれる。この大スクリーンを
一人で貸し切って、声上げて泣きたくなるぐらいに胸がしめつけ
られる。ああ・・・また北條家(主にすずさん)に会いに来てよかった。
そう感じた。・・・・・・・・・・。もう一回ぐらい観に行くかも(爆)

image

続いて「ローグ・ワン」。こちらも昨年末に一度観た作品。
今回は日本語吹き替え版でじっくり見た。ちょっと噂になってる
ローグ・ワンに武田鉄矢氏そっくりの役者さんが出ているというww
ちょっと念頭に入れて見てたら、まぁ出てくる出てくる。思った
以上に武田似。思わず口元にやっとしてしまう(笑)
こちらも二回目の方が感動した。まぁ・・・大体の人は結末予想
つくとは思うけど、その結末は分かっていても立ち向かう彼らの
想いが二回目の方が伝わり強くて泣いた。

この二つの映画、自分としてはどちらも「希望は死なない」だと思う。
そして両方とも「時代と戦っている」映画。戦い方は異なるが、
信念は結構似ていると思う。未来を諦めていない家族、チーム。
そしてそれぞれ未来への架け橋を作り上げた(又は手に入れた)
わけで、どちらの作品も素晴らしいと思った。

年明け早々、良き新年映画を見る事ができました(*´ω`)b

【おまけ】

image

流山おおたかの森の駅前スケートリンク。なかなかいい感じの
イルミネーション。まさに冬って感じ・・・・だ、が?今日は
結構温かかったねぇ(笑)

DSC_1040DSC_1041

本日は豊洲のユナイテッドシネマ豊洲にて4DXで「ローグ・ワン」を
見てきました。

DSC_1043

沢山のぽぷこんとペプシで準備OKです。

ローグ・ワン・・・・・もうね、語りたい事は沢山あるんす。
しかもそれは悪い点じゃなくていい点だらけで。本当に一人一人の
キャラクターが引き立った話だな。それでいて、今までのスターウォーズ
にはない、異常なまでの静と動の表現、これには驚いた。
物凄い激しいドッグファイト、抗戦をしてるのに音楽が異常なまでに
穏やかだったり、何度か咽び泣きそうになった(いや、泣いた)シーンの
事細かい本当に繊細な造りには心から脱帽でございました。

ネタバレはしたくありません。何故なら、是非皆さんには大きいスクリーンで
見て頂きたい気持ちが強いもので!(元々大々的ネタバレをする性格ではないw)
年末、お忙しい中でも見て頂きたいです(*´ω`)

このページのトップヘ