白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

タグ:あざらしさん

今日は土曜出勤。といっても、そんなに苦に感じる事はないわけで。
ふらりと昼頃やってきて、17時半には退社。ゆっくりとした時間が今日は
流れました。依頼案件が異常に少なくて、5時間半いたのにわずか5件(笑)
平日だと5時間半過ぎた頃には20件超えてるかどうかまで行くのに、
土曜とはいえ、流石に少ないw
そんなわけで、未だ教わっていなかったデータ加工の種類について
色々と上司から教わる事が出来ました。スキルレベルも今日また一つ
上がったようです。(データ加工の種類レベル表がある)
3月の平日はいつも忙しくて、基本"自主的に”残業している。(強制は無い)
そういう状況なので、なかなかスキルアップが望めないのだが、今日は
いい機会を貰った感じ(*´ω`)

image

帰り道。何となくいい夕焼け空だったのでぱちり。その後、
軽く散歩をして、隣駅まで歩いてみました。

image

その途中で美味しそうなラーメン屋を見つけたので入ってみるw
魚介のスープも旨いんだが、ここは特に麺が旨いと感じた。
節骨麺・たいぞう。池袋が本店らしい。名前は聞いた事があったが、
自分好みかも(*´ω`)

image

で、地元に戻ってきたらゲーセンにあやしい北海の魔獣・あざらしさんが
いたので捕獲して帰る。ナス推しだそうだ。

さて、明日は先日オヤジが誕生日を迎えたので焼肉を馳走する
為にお昼は平城苑ですw モリモリ食べて、元気でいてくんさい(´・ω・`)b

image
image


柏にキネマ旬報シアターという映画館があります。
キネマ旬報社が運営している映画館で、キネマ旬報社自体はかなり
古い(雑誌創刊は1919年)会社で、先日発表された
『第90回シネマ旬報ベスト・テン』では、自分が今一押しの映画で
あり、昨日見てきたばかりの「この世界の片隅に」が第一位に
なりました。(4月下旬からこの劇場でも上映予定!)

さて、そんな由緒ある映画情報誌の会社が運営している映画館で
なんと、『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart1~3』まで一挙上映という!
地元の映画館でこんな素晴らしい事をしてくれるなんて、
本当にありがたい(*´ω`) 立川とか遠すぎるからなぁ・・・・。

image
image

なんとも落ち着きの空間。最近馬鹿でかい映画館ばかりだった
ので、(渋谷の某映画館を除くw)なんか癒される(*´ω`)
ちなみに、4年前にキネマ旬報社がここを買いとる前も
柏ステーションシアターという映画館がここにはあった。幼少時代、
何度かアニメ映画を観に来たものです。

image

結構綺麗で心地よい座席だった。スクリーンも小さいわけじゃ
ない。スピーカーは他の映画館とあまり変わらない5.1ch。

さて、映画の感想をしながらこの劇場の面白さもお伝えすると、
某大手Tのシネマと違って、ややこじんまりな部屋なわけだが、
それ故に音空間の中で映画の世界にどっぷり浸かれる感じが
するのですw 特に本日はBTTF1・音感上映という、文字通り
音を感じろ!的な大音響での上映だったので、これが広い
部屋だとその意味も半減するわけでw また、多分だけど
スピーカーは前に一台。左右に二台ずつ配置されていると
思われる。劇場のどセンターに座ると音を余すところなく
味わう事が出来る。BTTFではギターのシーンとか、タイムトラベルの
シーン、落雷のシーン等々、物凄い迫力を感じた。
自分的には立川の極上爆音もいいが、粗削りながらこっちの
音感の方が好きかなw

それにしても、いつもより人数は少ないとはいえ、BTTF仲間と見る
BTTFは最高だ!終わった後、感想で盛り上がるもんね(*´ω`)b

image

マーヴィンさんなんて、正装でこの千葉の片隅に来てくださったw
まさかの「理由なき反抗(ジェームス・ディーン)」の脇でポーズw

今日は映画見て、駅前でだべって解散になったけど、また
今度皆でゆっくりBTTF話したいね(゚∀゚)

【おまけ】
image

帰りに何気なくゲーセンで取れそうだなと思って100円入れたら
簡単に取れた魔獣・あざらしさん。うちで飼うとしようw

このページのトップヘ