白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

カテゴリ: 映画

image

用事があって知人の舞台に行けず・・・で、ギリギリ映画には
間に合いそうなので申し訳ないが前々から見たかった
『LA LA LAND』を観ました。
さて、このLALALAND。意味はハリウッド地域の愛称や
陶酔しハイになる状態。または夢の国・・・という意味があるそうで。
オープニングのメインテーマに合わせての群舞から物凄い
ソウルを感じた。まさにミュージカルムービー!!!
実際起きる訳が無い高速の大渋滞の中でのダイナミックなダンス、
一気に引き込まれましたね~(*´ω`)

image

・・・・。俺はこのポスターよりもシンプルなマウント・ハリウッド・ドライブ
での二人タップしてる画だけのほうがいいなw

色々と書きたいけどネタバレが壮大にしそうなのでやめておくけど、
役者・ダンス・バンド・落語などなど、パフォーミングアートをして
成功を夢見る人に俺はお勧めしたい映画。
物語終盤で主人公ミアがオーディションでのフリートーク時に
語った(歌った)内容では役者としての自分の心(魂)に突き刺さり
観客が少なければ本気で泣きたかった。(満席でしたw)

成功するのは一握りなのは分かってるし、まっとうに大学出て、
企業に入って、素敵な人に出逢い子供を儲けて、幸せに生活
した方が確かに一般的にまっとうな幸せは得られる。
しかしながら、一度このララランドに魅せられた者はそこから
離れられるかといったら・・・なかなかそうはいかないと思う。
一度離れたとしても、「必ずいずれは!」という思いが
どこかにあるんじゃないかとおもう。
稼げなくても、やっぱり自分にとってはこの「演者」というものは
自分が「演技」というものから選ばれ受け取った証だと感じる。
だから、演技を自分から取ったらその時は自分自身の死かも
しれない。

ただ、幸せのベクトルって人それぞれだからこればかりは何が
正しいかはその人自身の考えている幸せが、その人にとって
正しいと思う。けど、一つだけ言えるのは「幸せは人から押し付け
られるものじゃない」ということである。

この映画。ネタバレになるので話さないけど、ラストが衝撃受けた。
だが冷静に考えるとこの終わり方は納得いく。
・・・あまり話せないのが辛いけど、「うん・・・わかる」って。

久しぶりに大人の映画をじっくり見た二時間となりました。

image

そしてw ナカバ衝動的にパンフとサントラを購入して帰宅。
このblogはサントラを流し、パンフを読みながらLALALANDの
世界に浸りつつ書きました。

今日は実は、二つの映画でポストカードの配布があるのです。
一つはお馴染「この世界の片隅に」の第四弾ポストカード!
オモテナシの絵柄で、すずさん、周作さん、径子さん、晴美ちゃんが
来客の為に料理をしているという、とても贅沢な絵柄(後で公開!)
そしてもう一つは、片渕監督が前回手掛けた作品、
「マイマイ新子と千年の魔法」のリバイバル上映でのポストカード。
この画柄が実は・・・・!(後で公開!)

image

まずは東劇。この映画館はかなり古い。60過ぎたうちの母が、
「東劇?覚えてる。若いころ『風と共に去りぬ』みたから」という
くらいなんで、歴史がある映画館。でもこの佇まいは好きだな。

image
image

驚いたのは、2009年の上映時に販売されていたパンフが
今回も売られていると言う事!!即買いましたわ(´・ω・`)b
そして。。。今回のポストカードはこれ!

image

なんと、「この世界の片隅に」の第三弾ポストカードとうまく
くっつける事ができる!

image

こんな風に。時の風に乗せて、たんぽぽは未来へと飛んでいく。
そう、「この世界の片隅に」は昭和20年頃の話だが、
「マイマイ新子と千年の魔法」はそれから10年後の話なのです。

あの誰しもがあった、幼少時代の輝く記憶。
映画を見ていると自分も、主人公・新子たちと同じ小学三年生に
戻った気分になるような、ノスタルジック満載の映画です。
片渕監督って本当に上手に物語を作る人だなぁ・・・・気が付けば
新子たちの世界に引き込まれてました。昭和30年、つまり
自分が生まれる24年も前の話ではありますが、自分の少年時代が
頭の中に蘇ってきましたね。一日が長くて、色々な事を全力で
やったあの幼き時代の記憶が。

image

立派になった歌舞伎座。
映画が終わり、東銀座から有楽町方面に歩く。この時点で
時間は18:15。そう、今日は先ほども言った通り、
「この世界の片隅に」もポストカード配布がある。もとより、
体力に余裕があれば立て続けに見る予定ではあったのだが、、

image

まさか、マイマイ新子が終わって25分後に見る事になるとはww
晩飯食わずに二本目突入。「この世界の片隅に」7回目です!
それにしてもいいポストカードだなぁ・・・・。彼らの声が
聞こえてきそう(*´ω`) ちなみに映画の感想は過去の日記に
散々書いているのでそちらをご参照くださいww
今回も後半以降は涙涙でございました。先日、絵コンテ集を
読んでから、その一つ一つの裏設定が分かっているため、
より涙が増大。・・・まぁ、そろそろネタバレしてもいいとおもうが、
物語最後の方で、失った右手がふわっと現れてすずさんの
頭を撫でるというシーンがあるのだが、ここの裏設定は
絵コンテ集を読みながら咽び泣いた。その設定を知りながら今回
映画を見たので・・・いやぁ、やばかったね。貴重な塩分がwwww

image
image

そんなわけで。映画終わった後は上野で塩分補給ww
久しぶりの濃厚エビ豚骨つけ麺を頂く。お腹も抜群に空いてたし
本当に旨かった|ω・)b

ジムで汗を流し、映画二本みて、好物のつけ麺を食べる。
本当に充実した土曜日となりました(*´ω`)

image

地元に「うちのタマ知りませんか?」のタマがやってきたそうで。
丁度ジムに向かう道の途中にあるショッピングモールなので
覗いてみた。

image

もう35周年だそうで、かなり長寿のぬこですwww

image

せっかくなので一緒に撮りませんか?と、MCのおねぇさんに
言われたので撮る事に。

image

いつものポーズとばかづら(´・ω・`)
ちょっと懐かしい。俺が幼少時代にお弁当箱をつつむ布が
「うちタマ」だったと思う。これからもがんばってくだされw

その後、予定通りジムに行き700kcalほど燃やす。
エアロバイクがYouTube見られるようになってから、長時間
飽きずにこげるようになった。本当にありがたい(*´ω`)

image

その後、一度家に帰って荷物をおいた後、昨日から公開
してる「ひるね姫~知らないワタシの物語」を観ました。

まぁ・・・・ネタバレになりそうなんだが・・・・。「続きを読む」の
別ページで語りましょうかね。。。。

続きを読む

image
image

今日の日記はシンプルイズベストなタイトルですわなwww
ええ、お察しの通り観てきました。映画館で(*´ω`)
例によって柏にある「キネマ旬報シアター」にて。それにしても
こんないい映画館を4年近く放置していたとは、俺は何を
やってんのよ(´・ω・`)

image

「LA LA LAND」「この世界の片隅に」といった、今をときめく
大作もこの後控えております。

image

でた!片渕監督の前作「マイマイ新子と千年の魔法」!!!
もうね、四月はマイマイとこのせかの二本立てで見ようかなと(笑)

image
image

沢山の人がBTTFを観に来て、こうして付箋に感想書いて
残してくれてる。一つ一つ読むと、「母に勧められて乗り気じゃ
なかったがサイコーだった」とか、世代を超えた映画となっている
BTTF。じっくり読んだら目が潤んでしまった。凄く嬉しい。

と、一つ。見覚えのある付箋。以前、BTTF仲間のダイ君と
BTTF1を観た時、彼が残して行った付箋があった。その隣に・・・

image

なんとアンサー付箋がwwww惜しいな!日本語じゃなくて
「ノーバディー コールズミー チキン!」って書いてあったら
拍手しちゃうんだけどw

平日と言う事もあって、元々自由席な上で凄くいい席で
観賞しました。part3は好み分かれるんですが、実は自分としては
二番目に好き。(1作目に匹敵するぐらいに)
何度か話している通り、自分はクリストファーロイド氏が大好き。
その彼が特に活躍するのが3なのです。今回じっくり見てて
一番にやぁとしたのが、あわや渓谷に転落という新任教師・クララを
ドクが助けた後のシーン。「ブラウンさん・・・いいえ、エメット」と
呼ばれた瞬間のドクの嬉しそうな顔と言ったらもう、こっちも
ニマニマですよ!!男ってね・・・自分が好意を持った人に名前で
呼ばれると骨抜きなんすwこういう所の表現が非常にリアルだよね(笑)
後気づいたのが、マーティが意外とドクの発明品に興味津々なとこwww
1955年の発明品を色々いじってる(笑)
で・・・予定通り、1885年(多分正確には2015年)から機関車タイムマシン
に乗ってやってきたドクのマーティへのプレゼントで涙がぼろり。
名言「未来は白紙(このブログタイトルの元ネタ)」の所で更にぼろぼろ。
やっぱりいい映画ですわぁ・・・BTTF。

溜まっていたブログの更新や、市役所での手続き。そして映画。
その後の一か月ぶりに再開したジム(1か月近く工事中だった)で
とてもいい休日になった。明日からまた頑張るとしようか!!

【おまけ】
image

前々から気になってた『王道家』に行ってみた。

image

家系なんだが、この味は色々食べた家系でもちょっと違う。
見た目はめちゃぎとぎとな感じだが・・・これがあっさりしているという
どういう風に作ればそうなるのか分からないぐらいに不思議。
ただね、残念なのはお腹が特に空いていない状態で食べた事。
この後映画⇒ジムに行く予定だったから今の内にと17時台に
食べたのが仇。お腹空いてたらあっという間に食べられそうな
ラーメンでした!! うん、行きなおしだな!(´・ω・`)

image
image


柏にキネマ旬報シアターという映画館があります。
キネマ旬報社が運営している映画館で、キネマ旬報社自体はかなり
古い(雑誌創刊は1919年)会社で、先日発表された
『第90回シネマ旬報ベスト・テン』では、自分が今一押しの映画で
あり、昨日見てきたばかりの「この世界の片隅に」が第一位に
なりました。(4月下旬からこの劇場でも上映予定!)

さて、そんな由緒ある映画情報誌の会社が運営している映画館で
なんと、『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart1~3』まで一挙上映という!
地元の映画館でこんな素晴らしい事をしてくれるなんて、
本当にありがたい(*´ω`) 立川とか遠すぎるからなぁ・・・・。

image
image

なんとも落ち着きの空間。最近馬鹿でかい映画館ばかりだった
ので、(渋谷の某映画館を除くw)なんか癒される(*´ω`)
ちなみに、4年前にキネマ旬報社がここを買いとる前も
柏ステーションシアターという映画館がここにはあった。幼少時代、
何度かアニメ映画を観に来たものです。

image

結構綺麗で心地よい座席だった。スクリーンも小さいわけじゃ
ない。スピーカーは他の映画館とあまり変わらない5.1ch。

さて、映画の感想をしながらこの劇場の面白さもお伝えすると、
某大手Tのシネマと違って、ややこじんまりな部屋なわけだが、
それ故に音空間の中で映画の世界にどっぷり浸かれる感じが
するのですw 特に本日はBTTF1・音感上映という、文字通り
音を感じろ!的な大音響での上映だったので、これが広い
部屋だとその意味も半減するわけでw また、多分だけど
スピーカーは前に一台。左右に二台ずつ配置されていると
思われる。劇場のどセンターに座ると音を余すところなく
味わう事が出来る。BTTFではギターのシーンとか、タイムトラベルの
シーン、落雷のシーン等々、物凄い迫力を感じた。
自分的には立川の極上爆音もいいが、粗削りながらこっちの
音感の方が好きかなw

それにしても、いつもより人数は少ないとはいえ、BTTF仲間と見る
BTTFは最高だ!終わった後、感想で盛り上がるもんね(*´ω`)b

image

マーヴィンさんなんて、正装でこの千葉の片隅に来てくださったw
まさかの「理由なき反抗(ジェームス・ディーン)」の脇でポーズw

今日は映画見て、駅前でだべって解散になったけど、また
今度皆でゆっくりBTTF話したいね(゚∀゚)

【おまけ】
image

帰りに何気なくゲーセンで取れそうだなと思って100円入れたら
簡単に取れた魔獣・あざらしさん。うちで飼うとしようw

このページのトップヘ