白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

2017年08月

会社のお盆六連休もようやく終わりです。前半は天気も
良かったけど、後半があまりに悪くて予定もお流れ・・という方も
多かったんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人でして(´・ω・`)

ただ、前半の内に色々と出かけられたので良かったです(*´ω`)
コストコ行ったり映画行ったり、雨の酷い日は家で戯曲読んだり出来たし
そこそこ充実した日々になりました。

さて、明日からはまた現実のスタートです。沢山お芝居や、やりたい事を
する為にも。カリソメの姿で奮迅しますえ(`・ω・´)

【何となく一枚】

DSC_0040

ディズニー行きたい(´・ω・`) ただただ行きたいww(´・ω・`)


いやはや・・こんな訳の分からない寒暖差はやめて頂きたい。
昨日から会社はオヴォン(お盆)休み。にも拘らず、初日はまだ
体調治りきってなくて一日家でダウンでした。。。

DSC_0109

翌朝!体調が随分戻ったので、当初予定していた通り
コストコにやってきました。・・・で、後で調べて分かったんだけど
去年の8/12にもここ、来てたんだよね。とてつもない偶然ww

http://la-mengakyoumoumai0141.blog.jp/archives/64929957.html

この通り、過去の日記にも残っているというww
但し、去年行った鰻屋さんは今回はパス。何故なら、このお盆時期に
行くと平気で「4時間待ち」を食らうということを昨年知ったから。。。
味は極上なんだけどね・・・まぁ、初冬の本公演が終わったら、という
事にしちょります。

DSC_0112
DSC_0111

フランケン、こえーわ(´・ω・`)
去年同様、ハロウィングッズが売ってます。前にも言ったけど、
日本でこういうの買う人いるんだろうか(´_ゝ`)
昨年との違いは、ハロウィングッズと併設してクリスマスグッズが
無いということ。流石に早いと思ったんだろうねww

DSC_0114

それにしてもビッグなピザだぜ・・・でもこんなにでかくて1500円!!
異常に安いっ(`・ω・´)


てなわけで、一通り買い物を済ませて退散。
相変わらず眺めているだけでも面白い巨大倉庫でした(*´ω`)
その後は、一路家に向かうわけですが途中の・・・

DSC_0115

隠れた名店・ふなとり。
文字通り懐かしの支那そばが食べられるお店。支那そばだけでなく、
どことなく炒飯も懐かしい味だったりする。


DSC_0116
DSC_0118

ここの炒飯はファンになるね。家の近くにあったら、確実に
週1で食べに行ってる!俺が食べたい炒飯の味を確実に作ってくれる♪
勿論支那そばも美味。インパクトある味ではないんだけど、
古き良き昭和の味をふと食べたくなる時が必ずある・・・んで、また
行きます(*´ω`)

DSC_0119

古き良き昭和の味。それは壁にも飾ってありました!
皆さんお若い(゚∀゚)

DSC_0084


DSC_0085

今年一月から「この世界の片隅に」を劇場で見続けて、今日で
9回目となりました。そんなに同じ映画を何度も見る意味があるのか?と
言われることもありますが。。。意味が無ければこんなに観に行きません。

そう、忘れないために何度でも。新しい発見のために何度でも。


DSC_0087

この映画を見てから、正直今までの自分がいかに平和ボケをして
いるんだなと感じました。平和なんて柔らかく崩れやすい物は
ちょっとした弾みで簡単に崩壊する。それも、自分のせいではなく
別の。会った事も、全く話したことが無い誰かによって。

DSC_0088

この映画を見る前は、正直自分はこの8月だけ平和について、戦争に
ついて考えると言う事が多かった。でも、その考え方を変えて
くれたのはやはり「この世界の片隅に」という映画だと思っている。
原作者こうの史代さん、映画監督片渕須直さん、そしてすずさん役の
のんさん。他、この映画に携わった全ての人にお礼を言わせて頂きたい。

DSC_0089

今がかりそめの平和なのかもしれない。
だからこそ自分がやりたい事を優先にやれる人生にしたい。
その人にはその人の幸せがあるし、押し付けられる幸せなら願い下げだ。
自分らしく生きて行きたい。人為的な平和の崩壊でも、自然界の牙による
平和の崩壊でも、その最期が来た時に「やれるだけの事はやれたから」
そう、思いながら瞳を閉じられるなら。

もしも老いる前に命が終わっても、悔いはない。

今日の稽古で感じたが、今まで型にはまりやすかったのは
役として、ではなく「自分として」役を演じる事が多かったからじゃ
ないのかなと思った。最終的にはある程度自分とは離れた役が
いつも作ってはきたが、それまでの時間が掛かり過ぎる。

よって、あくまで「自分として」物語の世界にいるわけだから、
浮くのも当然であって。その物語の住人にならない限り、
変な話物語で使われてる"異世界の言葉(日本語が異世界の言葉
っておかしくない?という事ではないですw)”なわけなんだから、
使いこなせてるわけがないし魂も入らない。

その世界の色々な人間になる、なりきり士になれたらば、
物語で数多くの人間の人生を味わう事が出来て楽しいだろうな。
だから、自分を捨ててその時間はとにかく役になりきる!

そうすればきっと、演技の楽しさが格段とあがるだろうね・・・。
ヒントは演出さんと相棒にもられた。この一週間、次の稽古までに
自分なりに正しい解釈をしながら練って行こうじゃないか!

とまぁ・・・そんな真面目な話を帰りにしていたらお腹空いたんですわ!

DSC_0073
DSC_0074

お金は昨日使い果たした(笑)ので、安上がりなるラーメンをばww
・・・。分かってるよ、炭水化物だろ?明日頑張るよっwwwww

このページのトップヘ