白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

2017年07月

DSC_0024DSC_0029

昨日・今日と地元で祭りがやってました。そういう時期になったんですねー

DSC_0031

昔は無かった(とおもわれるw)ねぶたもある。迫力あるなぁ(*´ω`)

DSC_0036

横笛や太鼓演奏している学生たち。何気に母校の後輩たちww

DSC_0041
DSC_0043-1

太鼓のリズム、いいね♪ 
太鼓って体力半端なく使う。それは中学時代の選択授業で
やってたから分かってるし、演者で知り合いになった太鼓奏者・柳川先生の
演技を観てても十二分に分かる。頑張れ、若人たち!!!

とまぁ、この太鼓の音とドーナツ状の円になって盆踊りをする
姿を見ていたら・・・自分も20年ぶりにやりたくなりまして(笑)
三回くらい踊りましたw(制限時間までほぼ流れ続ける盆踊りww)
ジム終わった後に、汗で重くなった洗い物が入ったリュック背負いながらの
盆踊り・・・・・終わった後汗だくですわ。なんの為にシャワー浴びたんだw

でもま、久しぶりの盆踊り。楽しめました♪
小学・中学とめんどくせーと言いながらもやってきたから身体って
おぼえているものですね♪


DSC_0010

今日は東松原にて、先輩役者・北村とうこさんの出演舞台
「cry!cry!!cry!!!〜犬達の遺言〜」を観てきました。
フライヤーのあらすじやタイトルを見ただけで恐らく・・・という
内容なのは予測できました。きっと犬をずっと飼っている我が家
なもんですから、張り裂けそうな気持になるんだろうな・・と。

予想通り、悲しさの涙で一杯です。
この話は行き場を失った犬たちが保健所の人間につかまったり
引き取られたりし、独房(ガス室)に入れられて8日後に処分されて
しまうお話。その中でも犬たちは生きる為に自分たちが出来る事を
精いっぱい頑張る。だが、現実は厳しくて結局助かったのは
引き取られた一頭。そして、ガスを受けて唯一生き残った一頭のみ。

これは現実のお話。色々な番組でもやっている。
その中でも部屋にいた老犬・フーバーの話が本当に辛い。
病気で苦しんでいるのに、見捨てる飼い主。自分勝手すぎる。

これもまた人間の自己満足といわれてしまったらそれまでだが。
うちの先代犬は最期は癌だった。何とか摘出はしたものの、既に
身体全体に癌が転移していて、視力は奪われロクに立ち上がる事も
出来なくなった。亡くなる前日12月24日。その日だけまるで
奇跡かのように元気だった。まるでこのまま元気になるのではないかと
思うぐらいに。・・・しかし翌日、昏睡状態になった。けど、そこには
自分を含め両親、隣家に住む祖父母全員が先代犬を囲めた。
そしてその日の夜23時過ぎ、彼女が一番好きだったオヤジに看取られながら
逝くことが出来た。

飼う。確かに「たかがペット」という考え方の人もいるが、情がうつれば
ペットは家族に変わる。それは先代、先々代・・・うちに来た犬はみんな
家族だった。勿論今いる「黒い宝石・アナ」も大事な家族だ。

2015-02-16-18-25-37_deco

こやつは俺が抱えて連れてきたせいか、一番俺に懐く。
口笛を吹けば基本すぐ来るし、家に帰ってきて頭もむとよろこびながら
尻尾を振る。だからこの先も、大切にしてやりたいと思ってる。

ペットを飼うという考え方じゃなくて、「一つの命が自分たちに託される」と
考えてほしい。命の大きい小さいなんてものはない。命は命、
人間都合で保健所に連れてきたり、捨てたりするくらいなら。最初から
飼うんじゃない。そう昔から強く思っているし、この舞台をみて
より一層気持ちが強くなった。


色々と考えさせられる内容だった。もし、ペットを飼っていなくて
こういう現実を知らないお客さんがいたら・・・せめて、この現実だけは
心のどこかに留めておいてほしいと願います。

早速の壁。どん底に落ちた自分だが、全ては最近の自分に責任がある。
あのかつてのようにまた大いに野心を持って臨もう。

火曜の稽古で感じた事を胸に、深夜再び台本を読んでみた。
ただ平たく読んでいただけのあの時とは違い、正面に
相手がいると強く意識して読んでみた。それだけで、こうも
読み方・・・というか、セリフの言い方は変わるものかと自分でも
感じた。なるほど、演出に言われた「つまらない」と言う言葉が
ほんの少し、分かったような気がした。確かにあの日の稽古の
自分の読み方では退屈だったろう。そして相手はやりにくかっただろうと
思う。

朗読公演に向けての第一の壁。ちょっとだけ足場が見えてきたので
着実に登りきります。

自分が壁と思っている事を乗り越えるのは本当に至難の業。

悩んで悩んで悩みぬいて。それでも答えが出なくて。
「ダメだ、今は答え出ない!」とさじ投げた後、ふとあっさりと
思い浮かんだりするもので。答えは「あぁ、考えすぎてただけだった」
って事が多い。だからと言ってまるで考えなければ当然その
答えに辿り着くわけがない。後々「考えすぎなくてもよかった」と思うのは
そこに行きつく過程で考えすぎてた自分がいたお蔭。

だから今回の朗読公演もところどころで悩みまくるんだろうな。
でも継続は力。その姿勢、その行動が自分を高めて行くことになると
信じてる。変な方向に悩んでいれば、そこは演出さんが軌道修正
してくれるわけだし、悩むことに関して躊躇はしない。とことん悩み、
思い付き、やってみて、また悩む。

こうやって少しずつ越えられなかった壁を登っている。
今回の稽古期間、そして公演時に一つでも越えられなかった壁を
越えるようにしたい。

image

そういや海の日でしたね・・・別に狙ったわけじゃないですが、
この海の日に「パイレーツオブカリビアン」を観るのはおつですね!!

ジムで運動してイートインスペースで飲み物のみながら座ってたら
無性に映画みたくなりまして(笑)まだ時間は17:15・・・これは
18:00ごろにやっている回に間に合う?と思ったのでした。


image

なにをかくそう、この名優、ジェフリー・ラッシュ氏が演じる
キャプテン・ヘクター・バルボッサがシリーズ通して大好きでしてね。
映画館で観なくとも、ちゃんと全作品はブルーレイ等で見ておりますw


image

さぁ出港の準備は整った!!いざ・・・・!!!!


・・・・。

・・・。


観終わりました。勿論ここにネタバレを書く気はありませんが、
まず言えるのが「シリーズ最高傑作ではないか」ということ。
コメディ、アクション、若干のホラー、アドベンチャー、ロマンス。
そしてファミリー。全ての要素が入った映画だとおもった。まさに
エンタテイメントな内容。
自分が一番気にいってるヘクターはこの作品の真の主役と
言っていいんじゃないでしょうか。映画見終わって、より
ヘクターが好きになりました。いや、海賊としての残酷さは当然
今作品にもあるんですが・・・それ以上に、ね。
実はシネマイレージが溜まってたので、今回はそれを使って無料で観ましたw
無料でこんな素敵な映画観られたなんて、ラッキーです♪

さて、お次は・・・・


image

彼女の出番ですかね? 仕事帰りにレイトショーで観られたら
いいなw

このページのトップヘ