白紙の未来は決まっていない!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた科学者ドク・ブラウンは言いました。「未来は白紙でまだ決まっていない」と。 これは役者・トシキが演劇や演劇・映画関連について。また、日々の出来事を未来と言う名の白紙(blog)に書くものである(笑)

2016年09月

image

アルバム。それもJ-POPのなんて何年ぶりに買うだろうか。
基本はレンタルで済ませているけど、どうしても8年ぶりにリリース
した宇多田嬢のアルバムはCDで聞いてみたかったんです。

この8年の間、多くの事があった。最愛なる母の死、再婚、そして
出産。多くの経験があった中で、彼女はまた何段階もパワーアップ
して戻ってきたと思う。色々と言い出せない事もあったはず。
胸に留めていた事もあったはず。その全てを解放し、心の咆哮と
なったのがこのアルバムじゃないかなと、まだ聞いてもいないのに
思っています。

今宵はもう遅いので聞けないけど、時間出来たらじっくり聞こうと
思います。8年間の思い、母への。愛する夫と息子への想いを。

今日の平日稽古の本読み、今まで配役されなかった役を
やらせてもらった。新鮮♪この役は多分今まで俺がやった
事がないタイプだな。全力で楽しませてもら……いや、
全力ではないか_(-ω-`_)⌒)_ 本当に全力は配役されてから
だしね。まだまだパワー出してないけど、今回は今までに
ないくらい出そうと思う。あ、別に爆音で演じるとかじゃ
なくて、、とにかく楽しもうかと。役に悩むとは思うけど、
その悩んでるときも楽しんじゃおうかと。とにかく、
この世界の色に自分は染められたいのです!(っ´ω`c)
この先の稽古がいまからとても楽しみです♪

来月頭には公演情報の一報をお伝えできると思うので、
情報はもう暫くお待ちくださいね~(*´ω`*)ノシ


16-09-15-18-26-12-057_photo

俺はちょっとしたアルコールだけで直ぐに酔ってふらふらになる。
たしなむ程度でも呑めたらなぁと本当に思う・・・・。
これはうちの家系、オヤジもおふくろも強くないからだろう。
血でアルコールに弱い・・・というのは遺伝的な物なのか?
そう思い少しばかり調べてみた。すると、遺伝子には以下の物が
あるという。

①NN型(お酒に強い人)・・・ALDH2型の正常活性遺伝子型
②ND型(ある程度は飲める人)・・・NN型の1/16の活性しかない遺伝子型
③DD型(ほとんど飲めない人)・・・ALDH2型の活性のない遺伝子型

※出典:ココロとカラダの教科書 https://welq.jp/5557

そして日本人の44パーセントがDD型を持つらしく、そう考えると
ほとんど飲めないのに無理して飲んでる人が約2~3人に1人いるという
事になるわけだねぇ。そう思うと少しだけ安心する。

ただま、自分の周りってお酒弱い人が少ないんだよね・・・だから出来れば
同じ空間、楽しめたらなぁなんて思う。周りに気を遣うというのも若干ある
けど、ただ単にアルコールでハイテンションで楽しんでいる人が羨ましく
思うんだよなぁ。(バカ騒ぎはいらねぇけどw)

で、更に上記で紹介した「ココロとカラダの教科書」さんで調べた所、
事前に"消化の悪い物(笑)を食べておく””お茶やウコンを飲んでおく”
って事がいいみたいっすね。周りに合わせて一杯目はアルコール!
なんて事を俺がやってはいけないわけでw
だから、モリモリ食べて、一杯目にお茶系のソフト飲んだら二杯目は
アルコール弱めのお酒なんか飲めば、ほろ酔い程度でその感覚と
空間を楽しめるかもしれません(*´ω`)b

あと、よく言われている「飲めば飲むほど強くなる」は本当らしいんです。
アセトアルデヒド脱水素酵素が飲むとどんどん活性化されて強くなる
みたいですが・・・・そこまではいいかな。たしなむ程度でいいと最初に
言ってるわけだし(笑)

とにかく、今後の参考にしてみよう!
あ、お酒弱い方。この情報是非参考にしてみましょう♪
・・・それと、筋肉をつけるのも一つの手みたいですよ?(笑)

ココロとカラダの教科書さん、情報ありがとうございました!m(__)m

一応それなりに動画編集の技術を持っている(と言っても我流ですw)
ので、劇団の公演記録映像を動画データとして保存したり、編集して
DVDにする仕事もやっております。

去る5月のSTYLEFREE vol.12公演。この日のメディア化をまだ行って
いなかったので今日半日使ってひょひょひょーっと完成させました。
軸となるデータは前公演vol.11から持ってくればいいわけだし、
やり方さえ理解すればさほど難しくはない。・・・ただま、面倒なのは
編集よりもその後の編集動画を一つのマスター動画データにする
時間とDVDメディアに焼く手間_(:3 」∠)_
正直マスター動画データは一度スタートすると全自動なので
ほったらかしてご飯食べるなり出かけるなりしてていいのだけど、
DVDメディアに関しては一枚焼いたら手動でブランクメディアを
入れなおさなくてはいけない。

毎度思うけど、これは本当に面倒だし時間拘束されるww
何か専用台に10枚ぐらいメディアセットしておいて、一枚焼き終わったら
勝手にブラックメディアが挿入されるような機械ないかなぁ(笑)
まぁ、ともあれ手持ちで5枚のDVDが完成。劇団用に一枚、後は
欲しいと言われた今公演出演者の方にお渡ししようかと思う。

まぁ、このやり方に関してはちょっと思う所があるので今後改定して
行こうかと思う。出演者分を毎度焼くのはきついし、本当はそんなに
必要としないと思う人もいるであろう。色々と変えていける所は
変えて行かないとね。

ま・・・今回は記録映像管理担当の立場としての日記でした(笑)

conscious(コンシャス)には色々な意味がある。
~を意識する、わざとらしい、人前を気にする・・・。
自分にはもしかしたら切っても切れない言葉なのかもしれない。

自分が弱い人間なのは分かっているし、何とかしようという
気持ちもある。ただ、どうしてもどん底の闇に堕ちて這い上がれない
日もある。それが今日(日付変わって昨日)だった。
何もかも無気力、このまま眠り続けて起きなければいいのにとさえ
思う一日だった。こんなにまでFBやtwitterを更新しなかった日は
ここ1年無かったんじゃないかな。

こんな時、弱音を吐ける存在がいたら。
そう思ってしまうが、弱音を聞いてくれる人は思えば30代になってから
出逢っていない気がする。
大体の人は「もっとしっかりしろ」「年齢的に弱音吐くなよ」
発破はかけるが、そこに優しさはない。当人が優しさを以て
言っていると言われても、こちらが気づかないのなら
そこに優しさは存在しない。言ってる人の押しつけ。

自分は人前を気にしすぎるが故に、いつも心のどこかが臆病でいる。
意識しすぎるから、肩の力が入って演技もわざとらしくなる。
Consciousそのものなのかもしれない。けど、これもまた自分の
一面。好きにはなれないけど、受け入れなくてはいけない一面。


いつもと違いかなり暗いブログになったが、この暗く弱い面も自分。
下手に明るく見せる偽りのブログよりも、人の意見や思いを
一切意識しないで曝け出すつもりで書きました。

このページのトップヘ